TOP/お知らせ
理事長挨拶
学会の紹介
学会会則
学会役員名簿
理事会担当業務
学会会誌投稿規定
各種入会手続き
大島賞選定規定
大島賞受賞者一覧
賛助会員一覧
 
学術総会
 
   
公益財団法人発酵研究所
公益財団法人発酵研究所
   
遠山椿吉記念 第8回 食と環境の科学
   
日本感染症学会
日本感染症学会-The Japanese Association for Infectious Diseases
   
事務局からのお知らせ 2022.03.22 更新
日本臨床腸内微生物学会
会員各位、関係の皆様へ

第25回日本臨床腸内微生物学会総会・学術集会のご案内

拝啓
 浅春のみぎり、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
 この度、第25回日本臨床腸内微生物学会総会・学術集会の会長を拝命いたしましたので、この場をお借りしてご挨拶させていただきます。今回は「腸内微生物を意識した医療と栄養」をテーマとして、2022年9月10日に開催させていただきます。
 1998年から継続開催されております学術集会では、細菌をはじめとする腸内共生微生物の生理と病理、急性並びに慢性消化管感染症の病態解析と診断、治療、さらに抗微生物薬の適正使用と耐性菌などについて、活発な研究成果のご発表をいただいてまいりましたが、今回も熱心な議論が例年通り繰り広げられることが期待されます。
 腸内微生物は全身臓器との関連が注目されており、多くの疾患とも関連しています。腸管は栄養摂取ルートとしても大切な臓器で、一般的には経口摂取する食物が生理的な栄養素の源といわれていますので、臨床医学においては疾患の原因とともに治療における中心的・補助的影響因子となっています。重症患者の管理法として、食事を止め、静脈栄養に移行しただけでも使用していない腸管が病状への影響因子となります。経口摂取できない場合は、経管栄養等を駆使して栄養補給を行い、プロバイオテイクス等を意識して栄養管理を行った上でリハビリテーションを計画していきます。このように、臨床現場では栄養管理と腸内微生物は切っても切れない関係にありますので、腸内微生物というキーワードの下にお集まりになる各御専門の医師、研究者が集い、是非、研究・診療・教育の成果をご発表いただきたいと存じます。
 今回は都内の施設での現地開催を計画しておりますが、新型コロナウイルス感染症の流行状況を出来るだけ早く予測し、安全な開催を考えております。
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。末筆ではございますが、先生方の益々のご発展とご繁栄を心よりお祈り申し上げます。
敬具
第25回日本臨床腸内微生物学会総会・学術集会
会長 鷲澤尚宏(東邦大学医療センター大森病院栄養治療センター)
テーマ:腸内微生物を意識した医療と栄養
日時:2022年9月10日(土)
場所:東京都大田区 佐伯栄養専門学校8階講堂
   (〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目45―5)
https://www.jscsim2022.org/index.html
一般演題募集期間:2022年5月2日から6月30日
・学術集会事務局 古田 雅 (東邦大学医療センター大森病院栄養部)
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1 東邦大学医療センター大森病院栄養部
・運営事務局 株式会社コンパス内
〒113-0033 東京都文京区本郷三丁目3番11号 NCKビル5階
電話03-5840-6131 FAX 03-5840-6130
E-mail : office@jscsim2022.org
https://compass-tokyo.jp
★学会事務局が移転しました。
  (旧):(独)理化学研究所イノベーション推進センター 辨野特別研究室内
  →(新):アクア白山ビル5F 勝美印刷(株)内
        〒113-0001 東京都文京区白山1-13-7
         アクア白山ビル5F 勝美印刷(株)内
         日本臨床腸内微生物学会 事務局
       メールアドレス:jscsim@shobix.co.jp

学会入会等の学会事務関係のお問い合わせは、新事務局あてにお願い致します。

★会費の納入先が一か所になりました。
  会費納入口座:ゆうちょ銀行 00160-6-136839 「日本臨床腸内微生物学会」